2005年04月23日

ブログ・ジャーナリズムと高知県

 高知県橋本大二郎知事が、自身のブログ「だいちゃんぜよ」で、ブログ・ジャーナリズムの行方と題し、4月8日付けで思いを書かれています。


続きを読む
posted by わかば at 07:25| 高知 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

もし高知証券取引所があったら

良いと思うんだけどな。アメリカやイギリスみたいに金融システムの発達した国ならともかく、そうでない日本の地方では、新興の企業が資金を集めるのは並大抵ではない。世界的に見ても、ベンチャー・キャピタルの貸し渋りだって相当なものだ。東京のマザーズや大阪のJASDAQの基準をさらにずっと緩和したような上場基準の、地方証券取引所が各県に一つずつあったら、地方経済も随分と盛り上がるのになと、思う。加えて地方は、現在の景況を表す経済指標はあっても、未来への可能性を占うことにおいては全く、かやの外に置かれていたといっても過言ではない。もし、地方経済の可能性を問題にするなら、各県一つずつの、証券取引所の意義は非常に大きいと思う。今すぐには無理と言うのなら、仮想でも(ネットで)高知証券取引所を開設してみる気概のある人物がいないかねえ。
posted by bleacherism at 23:39| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

夢の企業買収

 ライブドアとフジの件ですっかり、企業買収に対するアレルギー感が蔓延してしまったような気がするんだけど、つい最近アメリカの某経営評論家が自分のブログサイトで、未来の理想とする企業買収を10挙げたら、反響があって、4人の読者がそれぞれの理想の買収リストをコメントとして寄せて来た。
 その中で本当に真剣なのを別にすれば、あとはどうしても今、受けにいっている、アップルやマイクロソフト、オラクルが何でも手に入れてしまえば良いという発想になってしまうんだよね。ライブドアは今、世の中で四面楚歌の状態だけど、社会でどれだけ好感度をもって受け入れられているか、あるいは実力を認められているかが、特に日本では企業買収を成功させる大きなカギであることは、まだまだ変わりそうにないという気が強くした。
posted by bleacherism at 03:38| 高知 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。