2005年03月17日

30年説と高知の街

町の風景というのはだいたい年に3%ずつぐらい変わっていくものだという話があります。年に3%ずつぐらいで古くなった建物が建て替えられ、30年ぐらい経ったときにひとまわりしてまったく別の町になってしまうというわけです。たいていの建物はおおざっぱに言えば30年ぐらいが耐用年数ですから、だいたいそんな感じになるのでしょう。近所の家が、年に30軒に1軒ぐらい建て替えられている、というのは実感としてなんとなくイメージできます。
 
ただ、どこの町も3%ずつゆっくり変わっていく、というわけではありません。特に大きな変化のない住宅街などにはそれがあてはまると思いますが、それなりに大きな町になるともっと変化のありかたがダイナミックになっています。特に、戦争中に空襲で焼けた町になると、1:1945〜年ごろの復興期、2:1965〜1975年ぐらいの高度成長期というふうに、だいたい30年ごとに建物がごっそり建て替えられて、街が一変するわけです。この計算でいうと現在は3番目の周期にあたって、それで全国的にいろんな建て替え事業が進んでいるわけです。東京でいうとたとえば丸ビルとか六本木ヒルズとかいうのは、ちょうどそういう流れの中で作られたものです。高知では、イオン高知やかるぽーとの建設、県民文化ホールの建て替えなどがそれにあたると言えるでしょう。
そういう30年周期の建て替えは、基本的に「スクラップ・アンド・ビルド」方式が主流でした。つまり、もともとあった建物を壊し、その上に新しい建物を作ると。この方式では、文字通り街の風景は一変するわけです。しかし、高知の場合は必ずしもそうはなっていないように思います。今、北環状線沿いなどの郊外に大きな店舗がすごいスピードで建てられていますが、それはもともと田んぼだったようなところに作っているものです。古くなった建物を壊して新しいものを作っているわけではありません。
 
ここでは、「スクラップ」の過程がありませんから、中心部の建物は古くなってもそのまんまに残っていくことになります。通常ならば古いものの後に新しいものが建てられるところが、古いものと新しいものが併存していく形になっているわけです。これを中心部のゴーストタウン化と捉えるならばあまりイメージのよいものではありません。しかし、古いものをそのままに残すことができる、というのはそれはそれでアイデア次第でポジティブな方向に持っていけるのではないかと思います。というのは、そこでは郊外の新しい店舗のように流行で勝負する必要がないのであり、「古さ」を積極的に押し出していくことができるからです。郊外の大店舗はたいていが無個性なものですが、中心部の古い建物はその古さゆえに、地域性をアピールしやすくなるわけです。擬似的な「古都」として、地域性とノスタルジーを売りにしていく、中心部がこれから生き残っていくためにはそういった差別化がどうしても必要になってくるのではないでしょうか。
そういった「古都」としての中心部と、流行を追いかける「郊外」が近接して併存し、ハイブリッドな街になっていくとしたら、高知はなかなか面白い街になっていくのではないかと思います。高知はこれまで極端な一極集中がずっと続いてきたわけですが、そのことが逆に強みになって、スクラップなきビルドとしての「郊外」を、中心部の非常に近い位置に作ることができたわけです。この地形的要因こそが、他の地方都市にはない独特の可能性を生むのではないかと思います。話をゴーストタウン化する中心部VS新しい郊外というふうに単純化せずに、そういった別の形の都市開発を考えていくのも面白いのではないでしょうか。
posted by ハンサム at 22:44| 高知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログを読んですぐに頭に浮かんだのが、西武デパートの場所のことだな。高知bbsのスレでも、取り上げられているからね。個人的には、建築面積がほぼ同じとすれば、地下2階、地上15階ぐらいのデパートが建てば良いと思っているのだが。総床面積で3万平方メートルくらいの。
 ところが、高知新聞では、市内のどこからでも高知城が見えればいいな、なんてことを書いてみたり、高層ビルの建築を抑制するようなムードを作ろうとしてるように思う。無論、新聞の影響力だけじゃなくて、そういうことを望む人がたくさんいるからなんだろうけど、こういうのもスクラップ&ビルドが進まない一因じゃないかな?さらに、景観だけじゃなくて地震の問題もあるしね。
Posted by bleacherism at 2005年03月18日 20:45
さっき、ふっと思ったのは古着のこと。これも、良いものは中々、スクラップにならないからね。
Posted by bleacherism at 2005年03月19日 08:15
南海大地震の時が、
市街化計画を行う絶好の機会な訳だが…。
Posted by 厨助 at 2005年04月09日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2465970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。